危険な洗脳セミナー、カルト詐欺から被害者を助ける為の情報まとめWikipediaです。カルトWiki & 洗脳防止Wiki 管理人 瀬戸(元創価被害者)

パナウェーブ研究所(パナウェーブけんきゅうじょ)は、千乃裕子を代表とする千乃正法会という団体の一部門である。福井県に本部を置いている。
パナウェーブ研究所はその一部門として設立され、「スカラー電磁波は人体にとって有害である」と主張している。また、そのスカラー電磁波から身を守るために有効という白装束(長袖のコート型白衣・白マスク・白頭巾・白長靴)を身にまとっている。また、移動用の車両には、スカラー電磁波を防ぐ効果があるという渦巻き模様の図柄を貼り付けている。

教祖 


千乃正法会(ちのしょうほうかい) は、千乃裕子(1934-2006)を初代会長とする啓蒙団体である。1977年に設立された。宗教と科学は宇宙の真理を別の側面から追求したもので本来は同じものであるとする「宗教と科学の一致論」を唱えている。

カルト教団であると指摘する者もいるが、団体は否定している。明文化された教典のようなものは持たない。また、共産主義を絶対悪とし、日本共産党などを批判するビラを配布するなど、反共思想も強い。

GLA教団の教祖の高橋信次が亡くなった際に、千乃裕子が高橋信次の後継者は自分であるべきという旨を主張したが、GLA教団からは入会を断られたようであり、同教団に在籍した事実は無い。
千乃正法会としての宗教法人認証はなく、エルアール出版(かつては「ジェイアイ出版」)が母体になっている。
会員数は一時期約1万人いたといわれているが、2003年頃には約1200人ぐらいだとされている。

2003年に、その1部門であるとされる「パナウェーブ研究所」が、全身白ずくめの衣服を身に着けて活動をしたため、マスメディアを通じて世間の注目を集めた。また警察庁長官が「オウムの初期に似ている」と発言した。なお、その際に多くのマスメディアは「白装束」という言葉を用いた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%B9%83%E...

被害報告 

福井県に向けて大移動
パナウェーブ研究所の現在
昔「パナウェーブ研究所」って謎の組織ブームになってた

新情報(まとめ前の新情報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

危ない洗脳セミナー

パナウェーブ研究所

ホームオブハート

アバターコース

サントダイミ教

大山ねずの命神示教会

幸福会ヤマギシ会

サイエントロジー

次世紀ファーム研究所

自然の力(旧無限の力)

ライフスペース

ワールドメイト

辺見マリ 被害

中島知子 被害

佐伯玲子 被害

貴乃花 被害

東洋哲学研究会

こころのエステ

L・H陽光研究会

アムウェイ(マルチ商法)

ニューウェイズ(マルチ商法)

洗脳解除に役立つサイト

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます